地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、長井・西置賜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

長井・西置賜の地域情報サイト「まいぷれ」長井・西置賜

長井・西置賜(長井市・白鷹町・小国町・飯豊町)エリア選択
営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

3/25はテーマ『「アートを社会にどういかすか』でお話をいただきました(モーニングセミナー)。

 一般社団法人倫理研究所 西置賜倫理法人会のニュース

3月25日(水)のモーニングセミナーは、
テーマ『アートを社会にどういかすか』で、美術家/東北芸術工科大学 専任講師/長井ブルワリークラフトマン代表兼醸造責任者 村上滋郎氏からご講話をいただきました。

村上氏は、美術家であり東北芸術工科大学の講師をなさいながら、長井の伝統文化「金井神ほうき」や「草鞋」の継承活動、廃工場をリノベーションし地域とアートの新しい場所として再活用を目指す「kosyau・こしゃう」プロジェクトの推進、そして、長井のおいしい水とフレーバー素材に「ひょう」「クキタチ」「秘伝豆のきな粉」など地元食材を使った《長井クラフトビール》の醸造を手掛けるなど、地元を盛り上げようと幅広い活動をなさっています。
今回は「アート」と言う、一見私たちの日常とはかけ離れた場所にあると思われがちなアイテムが、今後将来の我々の仕事や生活にいかに密接に関わってくるのか、関わってくるべきなのかお話いただきました。

講話を聞かれた参加者の感想を、いくつかご紹介します。

・現在の仕事の約半数が将来AIに取って代わられるという予想は衝撃的でした。
・金井神ほうきを種から育て、作るところまでアーカイブして、作りたいと思う人に受け継ぐ活動は素晴らしいと思いました。
・これからの地域づくりに在り方としてすばらしい活動をなさっているとは思っていましたが、それに至る苦労がすごいと思いました。
・長井の伝統文化を受け継ぐ活動を応援したいと思います。
・「芸術は将来を作る」AIの発達で、知識マニュアル型から問題解決能力型が必要な時代になる。思考する力・人間力を身に着けることにより必要とされる人となる。アートはその訓練だと思った。
・常に臨機応変のまなざしが今後を決める事が印象的でした。

村上氏が代表および醸造責任者を務める長井ブルワリークラフトマンのFacebookはこちらです。
「こしゃう」ぷろじぇくとについて


モーニングセミナーは企業経営に役立ててもらうために、様々な講師をお招きして講義を行っていただく、早朝の勉強会です。会員以外の方の参加も大歓迎です。ご興味のある方は、お気軽に西置賜倫理法人会(TEL:0238-87-0385)までご連絡ください。
西置賜倫理法人会カレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。